雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

令和のフェミニズム

森氏の発言で、男性たるもの、いたるところで己の女性観が問われる時代になりましたが、これはこれで難しい問題であります。何が難しいっていって、自分の場合は10年以上、もしかしたら20年くらい、誰とも世間的な付き合いをしていないのですね。家族だけで洞穴の中で生きているように暮らしているのです。家族以外の人間と親しく付き合うのって、年に1回か2回、昔の仲間に会う時くらいかな。で、実際、そうなってくれば、それは家族との付き合い方の問題であって、フェミニズムの論点ではなくなってきますもんね。

なので、正直、もう自分の女性観って、自分でもわからなってしまいました。世界が自分とあまり関係ないのと同じように、女性一般も自分とは関係がないって感じでしょうか。ただ「娘が大人になったときに住みやすい世の中になってくれればいいな」と思うばかりですが、だからといって、自分に名案があるわけでもありません。

ということで、個人的には、20世紀のことまで持ち出して非難したり、されたりするのは不毛じゃないかと思っていますが如何でしょうか?