雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

ゆく年 くる年

今年もとうとうクリスマスになりました。

まあ、いろいろあったようで、何もなかった気がする1年でしたが、とにかく大阪市廃止の住民投票が否決されたことだけはよかったと思います。否決されてもこの混乱なのに、もし可決されていたと考えるだけでも恐ろしいですね。

でも、その後の動きを見るに、おそらく維新には、自分みたいな一般ピープルが思いつくよりも、もっと多くの「欲張り」たちが肩入れしているんでしょうね。つまり、オリンピックを中止できないのと同じ事情が、「いわゆる大阪都構想」を捨てられない事情があるのだと思います。そのためには、なにがなんでも維新を下げるわけにはいかない、橋下氏を担ぎあげて、吉村氏を誉めそやして、松井氏を庇うような体制が来年も続いていくのでしょう。もうかなりの段階まで来ているのですがね。

ここでは、他の社会的問題については突っ込んだ批判はしないと思いますが、維新に対して無警戒な人たちにとって、何らかの「ひっかかりになる」きっかけになればと思い、維新の危険さだけについては来年もしつこく言及していこうと思っております。

とにかく「反自民の受け皿は維新ではない」ということであり、消費者金融で借りられなくなったからといって、マチ金の扉を開けてはいけません。

是非、少しだけ疑いの心を持ってみてください。

tanoque.hatenadiary.jp


佐野元春 ディズニーランド クリスマス