雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

原点回帰の年になりました

とうとう12月ですね。

コロナ禍の中、「自分はもともと何が好きだったのだろう」と古い記憶をさまよっていたところ、我が人生で最初に買ったレコードでもあるキャンディーズにたどり着いたことをきっかけに、今年は、すっかり70年代の世界に生きておりました。70年代というと自分の小学生時代になります。

漫画では「じゃりン子チエ」にハマり(今はkindle Unlimitedでほぼ読めます)、ギターを弾けばフォークの世界。でも、覚えているものですね。長渕は「勇次」あたりで離脱してしまったのですが、フォーク時代は好きだったものね。最初に覚えたスリーフィンガー「夏祭り」もちゃんと覚えていました。確か、「歌謡曲」って分厚い月刊本があって、それをコピーしたんじゃなかったかな。で、「巡恋歌」から中島みゆきの「わかれうた」にいって、吉田拓郎の「りんご」にいくのよね。最初にB7を覚えたときは、うまくなったと思ったものです。このまま年末にかけてフォークの名曲を50曲くらいコピーしようかな。それにしてもyoutubeがあるので、コピーが随分とラクですね。演奏法を解説してくれてる動画も一杯あるし。いい時代です。

で、ユーチューブを見てたら、長渕が右手の小指をボディーに付けているのを見て、そうだった、昔は「小指で右手を固定して演奏すべし」みたいなことが教則本に書いていたな~などと思い出しました。今は小指は丸めて手の平の中に収めています。

結局、自分は、フォークは拓郎ぐらいで(拓郎は別格ですね)、あまりそっちの世界には入っていきませんでしたが(RCとか元春とかにいった)、坂崎幸之助となぎらけんいちのユーチューブは大好きです。

でも、やせっぽちの頃の長渕が好きだったな。人は筋肉をつけると変わっちゃうものね。それが好みに合うか合わないかは、まさに人それぞれですが、自分は筋肉質な感じはちょっと合わないんですよね。あらゆる意味で。


順子 高画質

いいな~

順子って、最後にちょこっとアンジーを入れるあたりがいいと気づいたのは大人になってからです。


長渕剛 巡恋歌1990 夜のヒットスタジオ

あたりまえだけど、このGibson J-200、いい音してるね~。

ということで、来年は80年代に行こうかしらね。

ベストヒットUSAとかMTVの世界ですね。