雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

トリックニュースに気をつけろ

www.nikkei.com

昨日のブログで「フェイクニュース陰謀論」について書きましたが、データそのものは間違っていないけれど、恣意的な書き方による印象操作を目的としたニュースも多くみられるようになりました。

ふつー、GDPが回復したら景気が良くなったと思いますよね。

でも、そんなわきゃ~ないよね。

なんで、こんな見出しになるのだろう。

整理部(記事に見出しをつけたり、紙面のレイアウトを担当したりするヒト)の記者の悲しい性なのかしらね。

www3.nhk.or.jp

これなんかも、見出しだけ読むのと中を読むのと全然違うんだけれどね。

それにしても、大阪では、どんどんゴールポストが遠くに行きますね。もう運動場の外に出ちゃったんじゃないかしらね。

 

ちなみに、自分は学生時代に、東京中日スポーツ新聞で1年間ギャンブル欄の校閲のバイトをしていたのですが、そのころ、仕事に麻雀に競馬に整理部の記者さんに鍛えられたものです。ミホノブルボンがダービーをとった年です。古いハナシですね。一番好きだった(儲けさせてもらった)のはレガシーワールドです。ヤマニンゼファーイクノディクタスにも儲けさせてもらった。そう、あとトウカイテイオーは思い出深い馬でした。トウカイテイオー有馬記念ね。帯広の明治園っていう蕎麦屋で見てました。競馬は、もうやめたので断言できることですが、通算して圧倒的にプラスでした。それって、たぶん1年間ずっと紙面の校閲をしていたことで、ほとんどの馬のデータが頭の中にあったからでしょうね。やっぱ、データ(事実)って大切だと思います。

 

昨日、ひらめいたのですが、来年が「令和の終戦記念日」になるのではないかと思います。まだ分析中ですが、いずれにせよ、もう持たないでしょう。でも、おそらく、次の総選挙では現政権が勝つのでしょうね。まあ、仕方ない。一般人としては、とにかくトリックニュースに気をつけるくらいしか仕様がありません。

ということで、沖縄の人たちや10年前の福島県民のことを考えてみれば、令和のこの時代に、政府が国民を助けるはずだと期待する方が間違っていると思います。「Go Toなんちゃら」も、表向きとはまったく別のオモワクがあるんじゃないのかしらと自分なんかは思ってるんだけれど。「陰謀論」になっちゃいけないので、詳細は書かないけれどね。でも、たいていの場合、高いものには理由があって、安いものにはワケがあるものなのだ。

怪しいと思ったら近寄らないことである。