雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

大阪市廃止のモンダイ Vol.8

今日は 見えない境界線 というハナシ

ということで、今週を残すのみとなりました。

 

さて、昨日、このCMを観ました。

 

これってクレジットが「大阪府連」になっているのがポイントなのかしら。よくわかりませんが、最初、自分は、公明だけが維新についたと聞いたとき「もともと大阪では、小選挙区は公明から立ててるんだからバランスを取っただけだろう」と思ってましたが、これは本気で、少なくとも大阪の自民は反維新の旗幟を鮮明にしたということでいいのかしらね。多くの人が指摘するように、維新は実質的には「自民スガ派」なんだから、もし住民投票で負けたら大阪自民は維新に飲み込まれてしまうということなのかしらね。逆に再び否決されれば、スガ派の勢力に楔が打たれるということかしら。でも、どうだろう? 自分が知らないだけで以前からそうなのかもしれないし、またあるいはやっぱりバランスを取っているだけかもしれない。

わからないな~。

でも、現時点で、ここまで盛り返すことができたのは、なんといっても自民党が維新につかなかったってことが大きいんでしょうね、きっと。だって、いまだ世間では右・左で線を引いている人が多くいるんだし、「住民投票」に反対しているのが左(リベラル・サヨク)の方ばかりだったら、やっぱり賛否の一線を越えられない人は多くいるんじゃないかしらね。なので、一線を越えなかったという意味ではやはり自民も立派だったと認めざるをえないですよね。逆にいえば、公明ってのは本当にどうしようもないというか、節操がないというか、勇気がないというか。

あと、やっぱり、維新がこれだけ台頭している理由は、ちゃっかり右に陣取りながらも、形式的にだけ野党という仮面を被って、結果、反自民としての受け皿として機能しているからだと思うのだけれど、もしかしたら、「住民投票」の結果によっては自民党が割れる可能性もあるということかしら。石破氏も派閥の長をやめたし、岸田氏も、宏池会の流れにあるんだから、自分こそが主流派だって意識があるだろうし、よくわからないけれど、やっぱり、この「住民投票」の結果が与える影響は大きいと思うよ。

違うかな?

考えすぎかしらね。

でも、賛成多数で可決されるようなことがあれば、クーデターの完成って感じがするんだけどな。そうなれば、きっと、大阪市民は「最悪よりも悪い選択」をしたことになることを、すぐに思い知ることになるんじゃないかしらね。だって、菅総理のやろうとしていることと、維新のやろうとしていることは一緒だからね。う~ん、やはりどうしても阻止しなければならないよなあ。

だってさ、

あれだけ、あれが無駄だこれが無駄だっていって、こんなの建てるのよ

www.skyskysky.net

口汚く罵るのは憚れるけれども、どういう理屈なのか、全然わからんよ。どうしてもカジノをしたければ咲洲庁舎を改修すればいいのに。大阪市役所を各区で使いまわすって言うんだから、その方が理屈は合うんじゃないかしらね。

ま、予定が1000億円だから終わってみれば、その何倍掛かっているか、想像するだけで溜息がでちゃいますね。ちなみに、このビルを建てる大阪メトロって大阪市100%出資の株式会社ですね。松井市長いわく、「民間の事業」ということだけど、大阪市100%出資した民間って、どう評価したらいいの? 教えて。

www.osakametro.co.jp

ということで、

正直、自分は今のところ一般的にはリベラルと分類される側にいると思うけれど、コイズミ以前は、そうでもなかったんですよ。やっぱ「なんだかんだいって自民党が一番かな」って思ってたもの。それがコイズミのインチキぶりに嫌気がさして、初めて右左の間の線を超えたのよ。具体的には、投票用紙に共産党の候補者を書いたの。書くまでは本当にいいのかなってドキドキしたけれど、自分も、そのときにはまだ右左の間に線があると思っていたんだね。けれど、超えてみたら「線」なんてどこにも描いてなかったのよ。ま、なんにしても、そんなもんじゃないのだと思うけれど、先入観とか、洗脳とか、思い込みの呪縛って確かにあるものね。なので、自分は、あくまで、自分の頭で考えて、個人としての誰々を支持するということが 時々あるだけで、別に反自民というわけではありません。右と左を行ったり来たりしています。

でも、確かに反維新ではあるかもしれませんけれども。