雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

文学のすすめ

「このタフな時代を生き延びるには、やはり読書力(読解力)を磨くしかない」と思い、最近になって小学五年生の娘にやたら本を読むようにそそのかしているのですが、先日、人気漫画の「鬼滅の刃」が小説も出しているのを知って、さっそく注文したら、喜んで読み耽っておりました。漫画のストーリーはよく知りませんが、少なくとも一冊の小説本を最後まで読む習慣ができるということは、はじめの一歩としては充分ではないでしょうか?

人気漫画って凄いですね。

個人的には、若い時代には、面白くなくとも古典(文庫本)を読むのがいいと思うのだけれど、古典を読んで楽しむためには、まず読書そのものが楽しくなければ無理だし、読書そのものが楽しいという習慣を身につけるには、まずは興味のあるものから入っていくのが手っ取り早いですね。

自分のことを振り返ると、小学校の高学年あたりから「どくとるマンボウ」や「ムツゴロウ」のシリーズものに夢中になったのがきっかけで読書の習慣がついて、中学高校時代には手あたり次第に本を読んでいたものです。たぶん1日3冊ぐらいは読んでいたんじゃないかな。うちは近所に関西大学があって古本が入手しやすい環境だったのもよかったです。特に「ライ麦畑」とか思春期に読まなければ意味のない本ってのもあるから、やっぱり読書は若いうちから習慣化した方が良いと思います。

ということで、文学部出身者として大きな声で言いたい。

文学、侮るなかれ!