雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

アナーキーな政府

昔、若葉の頃、本を読んで「陥穽」とか「私淑」とか「忖度」という言葉を覚えるたびに、その知的な響きにひとつ賢くなった気がして喜びを感じたものですが、「忖度」という言葉がこれほど安くなる時代が来るとは思いもしませんでした。それに加えて、最近では「矛盾」という言葉の意味もうまく説明できなくなっちゃて、まったく、なんで愚かな奴らのレベルに合わせなきゃなんないのか、父ちゃん情けなくて涙も出ないやいってな感じです。そして、挙句の果ては、政府がアナーキーを気取って秋まで国会を開かないなんて、まさに冗談みたいな現実ですね。そーとー悪い冗談ですが。

でも、もうね、そういうのに付き合うの疲れちゃいました。

イソジンがコロナに効くんだってさ、

じゃあ、ハイボールも効くかもしれませんね。

今夜試してみよう

はあー