雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

佐野元春、再び 

最近、自宅にいることが奨励されるようになってから、spotify佐野元春の月刊リスナーが以前の6万台から、ゆうに倍は超え、いまや14万台に迫る勢いになっている。他のアーティストも同じような傾向があるのだと思うけれども、これはなかなかの伸び率ではないのでしょうか。

個人的な分析によると、元春の活動を常時チェックしている人口としては、もともとの6万といったところで、そのうち1万程度がライブがあれば馳せ参じ、なんらかの方法で新譜を購入しているのが1~2万程度かと思っているのが、どうだろうか? 統計については素人なので適当な分析なのですが。ベテランアーティストの場合、熱心なファンが同じツアーに何回も参加し、同じアルバムを複数の方法で購入したりするから、ちょっとわからないものね(自分もニューアルバムが出ればCDとダウンロードで購入している。お布施の用なものである。霊験はあらたかだ)

で、ここ最近、14万人もの人が元春を聞いているということに、個人的にすごいことだと興奮しております。で、そのほとんどは「昔聞いていた」層だと思うが、このうちどれくらいが再び定着するんでしょうね。とにかく、元春が自身のレーベルであるデイジーミュージックで発表した作品は「The Sun」から、最新アルバム「或る秋の日」まで、どれもクオリティーが高いので、どこから入っていってもいいと思うけれど、昔のファンが入りやすという点では、個人的には「或る秋の日」「ゾーイ」「ザ・サン」あたりからがいいかな。お勧めです。ということで、のコロナ騒動が落ち着いた後、できれば10万あたりのファンが定着したら嬉しいですね。

来年、いつでもいいから、大阪城ホールが実現すれば泣くね。