雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

さえない結果の反省分 秋のマラソン総括

ということで、マラソンの秋ですね。

今年は淀川市民マラソン神戸マラソンを走りましたが、なんともさえない結果に終わりました。淀川はハーフでリタイヤ、神戸マラソンはネットで4時間30分くらい。ん~、なんとも、なんとも。

淀川マラソンから振り返れば、淀川マラソンのコースはちょうど半分走ったあたりでスタート地点に戻ってくるのだけれど、「次に神戸もあるしな」と思った瞬間、体内からアドレナリンが一瞬にして喪失、一歩も走れなくなりました。そこまでサブ4ペースできていたのに不思議なものだ。ホント、マラソンに大切なのはアドレナリンだと思い知りました。

ということがあって、神戸では「とにかく完走しなければ」という決意のもと、ゆっくりゆっくり走りました(キロ6分ちょいぐらい)。でも、37キロあたりできつくなり、高速に向かう坂道に向かうところで1回止まると、あとは走ったり、歩いたりという感じになってしまい、なんとも不完全燃焼なフィニッシュになりました。

今年は春先にコケてしまい、走るのが怖くなってしまってからの復活だったので、また走れるようになっただけでもいいと思う反面、サブ4の夢が遠のいたのが少し寂しいですね。ん~、ま、来年も頑張ろう。

けど、ほんと、走るのは全然嫌じゃないです。フルマラソンはちょっと辛いけどね。

あと、大きな大会はやっぱすごいな~と思いました。