雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

教育は難しい

英語教育のモンダイ

うちの子は10歳になるのですが、特に英語教育はしていません。というのも、奥さんがドイツ語を教えていることもあってフツーよりは英語もできるし、自分も、たいしたことはないのですが、バックパッカーだったり、前職が空港職員だったということもあって…

親の罪 教訓 Ⅱ

自分は教訓マニアなので、何か事があると、すぐに教訓を探してしまうのですが、この8年間を振り返って、まだ小さな子を持つ親としての教訓は、 1.本人の望まない道を歩ませてはいけない 2.トモダチ選びは大切 といったところでしょうか? 1はなんとか…

文学のすすめ

「このタフな時代を生き延びるには、やはり読書力(読解力)を磨くしかない」と思い、最近になって小学五年生の娘にやたら本を読むようにそそのかしているのですが、先日、人気漫画の「鬼滅の刃」が小説も出しているのを知って、さっそく注文したら、喜んで読…

育休論議に想う

もうすぐ子供が10歳になる。ありがたいことである。 ところで、うちは自分が個人事務所で、奥さんが非常勤講師という構成なのですが、たまたま子どもが奥さんの春休みに生まれてくれたので、奥さんは、新学期からも、それまで通り働くことにしました。なん…

読書のきっかけは一点突破

ノーベル賞の人をきっかけに「ロウソクの科学」が売れているらしい。子どもに読ませるためだろう。今の時代、自分なら科学関係のアプリをダウンロードすると思うが、いずれにせよ、どんなきっかけであれ、子どもに読書の習慣がつくきっかけになるのだとした…

ジェネレーションギャップとこれからの子育て

最近、やたら「ジェネレーション・ギャップ」をテーマにした企画が多いが、よくよく聞いてみれば、ジェネレーション・ギャップというよりは「それはただ年をとっただけじゃん」と、わが身を振り返って、しばしば思い知らされる。自分にしてももう若いという…

教育は難しい

最近、もっぱらの関心ごとといえば、子どもの教育のことである。もうすぐ進学のことも考えなくてはならない時期になるが、中学は地元の公立にいくとして、そのあと、すぐに高校受験があって、大学進学が待っているかと思うと、うかうかとしていられない。 最…

子どもはスマホ、パパはガラケー

「子どもにスマホを持たせるかどうか」「持たせるならいつからか」ということは、なかなか難しい問題ですが、実は、我が家は小3の子どもにもう持たせています。 といっても、奥さんが機種変更して使わなくなったiphone5をi pod touchとして使わせているだけ…