雑談百選

大阪千里司法書士事務所のブログ 

インフルエンザについて想う

子どものころから、季節になればインフルエンザは毎年流行っていたと思うけれども、今みたいに、ことさら大げさに注意喚起がなされていたかな? 50年生きてきてインフルエンザと診断されたことがないからか、「インフルエンザ」は「熱中症」と並んで、昨今、ことさら大げさに喧伝されるようになったことの1つと認識しています。

なので、インフルエンザの予防接種を受けたのは、奥さんが妊娠しているときの1回だけなのですが、個人的には、インフルエンザについては、予防接種よりも、水分のこまめな補給の効果を信じています。季節を問わず、自分は、ずいぶんと若いころからマイボトルを常備していて、通常の人よりもかなり頻繁に水分を補給しているのが、図らずもインフルエンザの予防に役立っているのかなと思うのですが、どうかな。少なくとも、自分にはワクチンよりが水が合っていると思います。

ということで、子育て中の方は大変だと思いますが、インフルエンザにはならないように気をつけましょうね。

 

 

電話は失礼?

よく、IT的なヒトから「電話をする奴は失礼だ」などという意見が出るけれども、それって、どうなんだろうね。それなら、電話番号を教えなきゃいいのにと思うのだが、違うのだろうか? 自分にいわせれば「電話は他人の時間を不当に邪魔をする」などというのは、ただのキドリである。電話に出ないと決めれば、ただ電話に出なければいいだけのハナシなのだ。

自分は、依頼者との連絡はパソコンのメールや携帯のショートメールで済ましているが、それは、その方が自分にとっても、依頼者にとっても、忘備録として有益だからだ。電話を利用する場合は、何かを説明しなければならない場合で、文字を入力するより、電話で話す方が圧倒的に簡単で、容量を得ることができ、何よりも短時間で済ませることができる。

ま、仕事でもなければ、家族以外に電話をすることはないのだけれどね。

恵方巻について想う

昨年、年末から、あるおばあちゃんの依頼で、週に1回会っているのだが、昨日、恵方巻の話になり、「少なくとも、節分に巻き寿司を食べるなんて風習はなかった」というハナシになりました。節分といえば、巻いた豆を拾って、年の数だけ豆を食べるということくらいで、特に楽しいイベントではなかったもの。

個人的に、握り寿司より、巻き寿司や押し寿司の方が好きなので、巻き寿司を食べるというアイデアそのものはよいと思うのだけれど、普通に切った、普通の押し寿司を、普通に食べさせてほしいものだと思う。

あと、昔は「ポチ袋」なんていわずに、単に「お年玉袋」って言っていたよね。今でも、「ポチ袋」といわれると、なんか違和感があります。

12年目に入りました

ということで、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

ここしばらくずっとブログをさぼり勝ちでしたsが、もうちょっとコンスタントに書くようにしたいと思います。

ということで、12年目に入りました。

今年も頑張ろうっと

佐野元春のロッキンクリスマス  / 大阪

ということで、今日は元春のライブに行ってきます。

最前列なのだけれど端よりなので(アッキー側)、音的にはいまいちだろうけれど、やっぱり、前の席はうれしいですね。今日は、クリスマスライブなので座っていてもいいのかしら。やっぱ、立つんだろうな~

ま、とにかく楽しんできます。

 

ライブ後記.

ということで、ライブ、最高でした。とくにインターバルを挟んでの後半はよかった~。座ってやった曲は良かったね。こんなブログ誰も読んでいないだろうから、遠慮なくネタバレするけど、個人的に今回の泣きソングは「君の魂、大事な魂」でした。いや~、良かった。なんならいうけど、今回は、ここ最近で一番歌が上手かった。全盛期並みとはいわないけれど、最悪の時期を知っている身としては、ヤングブラッズのシャウトに感涙せずにはいられませんでした。プラス、「ストレンジデイズ」での歌詞の間違え方が、すっごく懐かしかったです。

まあ、結局、最近の曲と「カフェ・ボヘミア」というセットメニューでしたが、最終的にすごく満足しました。願わくば、「彼女はデリケート」の後に、「ハッピーマン」をやってくれれば完璧だったのだけれど。ま、それは40周年のお楽しみにしておきましょう。やっぱ、いくら長年のディープなファンだとしても、正直、もう1,2曲、クラシックがあればなと思っちゃいますよね。

ちなみに、最前列(1列)ではなく、I(アイ)列でした。でも、端っこだったので、かえって良かったです。

個人的な体験と現実逃避

大江健三郎の「個人的な体験」ではないけれども、毎日、どんなけクソったれなニュースが流れてきても、ただただ風のように流れていく。ツイッターのタイムラインに、どれだけクソったれな事実が更新されても以前のようには心を揺さぶられない。関心はあるのだが、気力が起こらない。情けないことに。まあ、簡単にいえば、自分は深いペットロスに陥っているのだ。

それでも昼間は意識的にシャキッとしているので、仕事に関しては、かえって集中できているので支障はないのだけれど、夕方になればついついお酒に逃げたくなる衝動が抑えられず、日々をやり過ごしている。50年も生きてきて、自分でもバカだなと思うのだけれど、どうしようもない。この13年間、一日も欠かさずに日常を共にしてきたのだ。

でも、たぶん、1日1日、取り戻しているのだと思います。

頑張らねばね